家で飲めるおいしいワインを紹介

      2017/11/02

皆さんこんにちは。

皆さんは家でワインを飲みますか?飲む方も飲まない方もいますよね。家でワインを飲む方はどんなワインを飲んでいますか?ワインも種類が色々あるのでワイン選びに困っていませんか?

皆さんはワインをどのように選んでいますか?

今回はワインオープナーが手元になくてもボトルの栓を開けることができ、便利で気軽に飲むことができるスクリューキャップのワインや、値段がお手頃な1500円までの安くて美味しいワイン、しっかりと濃い味のフルボディの赤ワインやフルーティーな味わいの白ワインを紹介します。

普段、家であまり飲まない方も、家でおいしく飲めるワインを紹介するので、興味を持った方は一度試してみてください。

また、家でおいしくワインを飲むための方法もご紹介します。





安くてお手軽なのに美味しいワイン

しっかりと濃いフルボディの赤ワイン

濃くてしっかり味わいのある赤ワインがお好きな方、多いですよね。私も軽めの飲みやすい赤ワインも好きですが、味わい深い濃い赤ワインを飲む機会の方が多いです。今回、私が安くてお手頃価格なのに、しっかりと濃いフルボディの赤ワインを紹介します。チリで生産されるカベルネ・ソーヴィニヨンというブドウ品種から造られるメロザル レゼルヴ カベルネ・ソーヴィニヨンのコストパフォーマンスが非常に高くお家でも気軽に飲むことができます。カベルネ・ソーヴィニヨンはとても味わい深い濃い赤ワインになりますが、熟していないカベルネ・ソーヴィニヨンから造られた赤ワインはピーマンのような青臭さが出てしまいます。しかし、このメロザル レゼルヴ カベルネ・ソーヴィニヨンはその青臭さは一切なくカシスやプラムの果実の香りにヴァニラやコーヒーのようなスモーキーな香りも感じることができます。1,300円前後で販売されています。ご家庭で楽しむ時はお料理に合わせて飲むとより楽しむことができます。おすすめは串カツや天ぷらなどの揚げ物と、意外かもしれませんがもつ鍋にも合わせることができます。

 フルーティな味わいの白ワイン

白ワインがお好きな方も結構多いはず。白ワインは赤ワイン以上に味わいのバラエティが豊かです。ナッツやバターの香りがするようなまろやかな白ワインもあれば、香りの特徴のないさっぱりした白ワイン、酸味のあるキリッとした白ワインもありますね。今回はとても華やかな香りのするフルーティな白ワインを紹介します。今回は赤ワイン同様、チリワインで知っている人は知っているコノスル ゲヴュルツトラミネール ヴァラエタルです。このゲヴュルツトラミネールというブドウ品種の特徴はバラの香りとライチの香りがありスパイシーな香りも感じることができます。フルーティさが特長の辛口白ワインです。非常に華やかな香りがするので、一度飲むとこのワインが好きになる人が多いと思います。ご家庭で楽しむ時はお料理と合わせることもできますが、そのお料理を作りながら、このフルーティな白ワインを飲むとお料理も楽しくできそうですね。また、映画を見ながら飲むのも、また違う楽しみ方でいいですね。

ワインの知識や技術がなくても気軽に楽しめるワイン

ワインオープナーが手元にある場合

ワインオープナーがご家庭にない方も多いと聞きますが、ワインオープナーを持っていればワインを楽しむ幅が広がります。最近はスクリューキャップなどの手で簡単に開けれるワインや箱に入っていて酸化しないワインも多く市場に出回っています。しかし、コルク栓のワインもまだまだ多くあり、ワインを楽しむうえで必須アイテムと言えるでしょう。そこで今回は家で楽しめるコルク栓の赤ワインを紹介します。イタリアのプーリア州の赤ワインでプリミティーヴォというブドウ品種で造られたしっかりと濃く感じる赤ワインです。果実味や渋みのバランスがよく、赤ワインがお好きな方におすすめです。プラムのような黒い果実の香りが特長的で開栓後4日間くらいは美味しく飲むことができます。食事の邪魔もしないので食中酒としてもいいでしょう。お肉料理にはもちろんよく合います。少し意外かもしれないですが温野菜や蒸し野菜に合います。蒸し野菜にオリーブオイルと塩で、この赤ワインを飲むと美味しいです。是非一度お試しください。

コルクの開け方

  • ワインのコルクを覆っているキャップシールを剝がします。
  • できるだけ真ん中にスクリューを入れていきます。
  • コルクからスクリューが出ないように入れていきます。
  • テコの原理で開けていきます。(左人差し指で支点を抑えずれないようにします。右手で上にナイフを引き上げていきます。
  • 3分の2ほどコルクが出てくれば、あとは手で開けることができます。





ワインオープナーがない場合

ワインのオープナーが無いなんて時もありますよね。私もワインを飲む時にオープナーを探し回ることも多いです。最近はスクリューキャップやヴィノロック(ガラス栓)の普及により、ワインオープナーが無くても手軽にすぐ開けることができるワインがたくさんあります。特にニュージーランドやオーストラリアのワインに多く、ご家庭でもワインを気軽に楽しむ機会が増えてきています。今回はスクリューキャップのおすすめワインを紹介します。皆さんは南アフリカワインを飲んだことがありますか?南アフリカは世界でも有数のワイン生産大国でクオリティの高いワインを輸出しています。キーワードは「安くてうまい」「自然派」です。南アフリカのワインは安くて美味しいと感じるワインが多くあります。まさしく手ごろで気軽においしく楽しめるワインと言えるでしょう。また、南アフリカは酸化防止剤の添加量が日本の基準の半分と厳しく設定されており、より自然なワイン造りに力を入れていると言えます。おすすめはロバートソンという生産者で生産量はあ南アフリカで第3位という大きい規模の生産者です。その中でも、ロバートソン・ピノノワールというミディアムボディの赤ワインをおすすめします。スクリューキャップでワインオープナーが無くても手軽に開けることができ、しかも1,000円前後で販売されておりコストパフォーマンスの高い赤ワインです。イチゴやラズベリーの香りが特長的で飲みやすく、ホームパーティーにもぴったりです。

便利で気軽に開けて飲むことができるワイン

後日追記します。

普段あまり飲まない方も楽しめるワイン

低アルコールの甘口ワイン

ワインも色々なタイプのものがあります。一般的に皆さんがよく知っているワインはアルコール度数は12%~14%程度ありますが、中には5%程度のアルコール度数のものもあります。今回はその一つを紹介します。イタリアの北部、ピエモンテ州で生産されるもスカート・ダスティというワインがあります。甘口でアルコール度数も5.5%と低くアルコールが苦手な方でも飲むことができるワインです。とてもフルーティで花の蜜のような香りがあり、味わいもはちみつに程よく酸味があるような味わいで飲みすぎに注意が必要です。モスカート・ダスティというワインも色々な生産者が造っていますがおすすめはモスカート・ダスティ ピツレというワインです。価格も1,500円前後で販売されています。よく飲まれる方でも寝る前の一杯にいいですね。

美味しく飲むためのコツ

瓶の中でデキャンタージュする

ワインを開栓(抜栓)して口に合わなかったことはありませんか?あまり香りがよくなかったり、渋みを強く感じたりするワインがあります。そんな時一度お試しいただきたいのがワイン瓶をバシャバシャ振るというものです。デキャンタージュというと大げさで面倒な感じがありますが、瓶内デキャンタージュは手軽にできてしまいます。デキャンタージュはデキャンタという容器にワインを移すということですが、目的の一つにワインに空気を含ませるというものがあります。これをワインの瓶の中でやってしまおうというものです。ワインと空気を接触させることにより渋みが取れ、ワインに丸みが出たり、香りに変化がおきます。方法は開栓したワインのコルクを逆さにして締め直し、上下の振るだけです。泡立つくらい振っても問題ありません。香りや味わいに変化があることがあります。特に白ワインは空気を含ませたことによる香りの変化を感じやすいでしょう。

ジュースで割るかフルーツを漬け込みましょう

上記のように空気を含ませても変化がなく好ましい味わいでない場合はジュースでカクテルにするか、季節のフルーツを漬け込み自家製サングリアを作りましょう。ジュースで割る場合はオレンジジュースやコーラ、ジンジャエールで割ると美味しくなります。フルーツを漬け込んでサングリアを作る場合は1週間程度、フルーツを漬け込む必要があります。

ワイン選びで失敗しないための方法

ワインを飲むのは好きだけどあまりワインのことはわからない。そんな方も多いのではないでしょうか。好みの味があるのにどのように伝えればいいのかわからない。好みのワインを選んでほしい。ワインショップに行くとワインがたくさん置いてありどれを選べばいいかわかりませんよね。そんな時に好みのワインを出してくれる簡単な方法を紹介します。

信頼できるショップで店員さんに聞きましょう

皆さんのお住いのお近くにワインの専門店はありますか?もしお近くにワイン専門店があればそちらで素直に好みのワインを伝えるのが一番です。ショップの店員さんはまた来店していただきたいので初来店のお客様の好みを把握しようとします。「お好みのワインはありますか?」「普段ワインはお飲みになられますか?」など聞いてくるでしょう。

好みのワインを聞かれても困らないためのキーワード

好みの白ワインを店員さんに伝える

まずは白ワインの3タイプの味わいの違いを把握しましょう。3タイプとは、すっきりした白ワイン、フルーティな白ワイン、まろやかな白ワインです。自分の好みの白ワインがすっきりした白ワインなのか、フルーティな白ワインなのか、まろやかな白ワインなのかを知ることが大切です。この3タイプを覚えておくだけで、「まろやかな白ワインでおすすめのものをお願いします。」やフルーティなタイプの白ワインでおすすめのものをお願いします。」のように聞くことができます。また、「2,000円以内でフルーティな白ワインでおすすめありますか?」のように予算も言うと店員さんは選びやすくなります。

好みの赤ワインを店員さんに伝える

赤ワインは渋みや濃さで好みを伝えると伝えやすくなります。渋みとはブドウの皮に含まれるタンニンやポリフェノールで渋みのあるワインがお好みの方はフルボディのしっかりした赤ワイン、重たすぎず軽すぎないミディアムボディの赤ワイン、軽めのライトボディの赤ワインのように伝えると何種類か出してきてくれます。その時に白ワイン同様、予算を伝えると店員さんは選びやすくなります。店員さんはブドウ品種や産地の説明をしてくれますが聞き流して大丈夫です。試飲ができるものがあればさせてもらいましょう。

好みのワインの産地とブドウ品種を知る

美味しいワインに出会ったらそのワインのラベルを携帯のカメラで撮っておくこともおすすめです。そのワインと似たような味わいのワインや、そのワインを踏まえて新しく提案してくれるかもしれません。ラベルには必ず産地が記載されています。好みの生産国や産地、ブドウ品種を覚えておくことでワイン選びがグッと楽になります。

8品種覚えておけば様々なタイプのワインを網羅できる
白ワイン用ブドウ

シャルドネ/シャルドネは世界中で人気のブドウ品種です。様々なタイプのワインになります。樽のきいたまろやかな白ワイン。すっきりした白ワイン。果実味のあるフルーティな白ワイン。

ソーヴィニヨン・ブラン/フランスで生産されるものが有名ですがニュージーランドやチリなど世界各国のワイン生産地域で栽培されています。フランスではキリッと酸ののったすっきりしたワインが多く、ニュージーランドでは酸味もありますがトロピカルフルーツのような果実味豊かなフルーティなものも造られています。

ゲヴュルツトラミネール/とても華やかなフルーティな香りのする白ワインになります。バラやライチのような特長的な香りと程よく酸味もあり人気の高いブドウ品種です。

リースリング/ドイツで生産されるものが有名で辛口から甘口まであります。リンゴのような酸味が特徴的です。酸ののったすっきりした白ワインが多いですが、熟成すると酸が落ち着きまろやかな味わいに変化します。

赤ワイン用ブドウ

カベルネ・ソーヴィニヨン/世界で最も人気のあるブドウ品種です。フランスのボルドー地方のものが有名ですが世界各国のワイン生産地域で栽培されています。タンニンを多く含むワインに仕上がり、しっかりと濃いフルボディの赤ワインが造られます。

メルロ/カベルネ・ソーヴィニヨン同様にフランスのボルドー地方のものが有名ですが世界各国のワイン生産地域で栽培されている人気の品種です。渋みは柔らかく酸味も穏やかでミディアムボディの赤ワインに仕上がります。

ピノ・ノワール/フランスのブルゴーニュ地方で有名なワインが造られますが、ピノ・ノワールも世界各地のワイン生産地域で栽培されています。その他の国ではドイツやニュージーランドのピノ・ノワールが世界的にも評価が高いです。色は薄めでライトボディの赤ワインに仕上がります。

シラー/スパイシーな赤ワインに仕上がります。黒コショウのような香りが特徴的です。好みが分かれますが香辛料を使うお料理に合わせやすいです。割と濃いフルボディの赤ワインが造られます。フランスのローヌ地方やオーストラリアが評価の高いシラーの赤ワインを産出します。

ワインについてわかりやすく説明しているインターネットショップを見つけよう

ワインはわからない、難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。種類も多くワイン選びにも知識がいりそう。そんなことはありません。自分に合うおいしいワインを見つけるためには自分の好みのワインを知るだけで選ぶことができます。赤ワインが好みなのか白ワインが好みなのか、またはロゼワインか。すっきりした白ワインなのか。フルーティな白ワインなのか。しっかりと濃い赤ワインなのか。軽めのロゼワインに近い赤ワインなのか。生産者の情報や造り手の想いも大切ですが、それ以上に、このワインがどんなワインなのかを消費者目線で分かりやすく説明しているショップを見つけることができればお好みのワインをインターネットで購入することもできるでしょう。

 - その他, ワインの雑学 , , , , , ,