ワインにも合う酒盗クリームチーズの作り方

      2017/11/02

ワインにあうおつまみを見つけ紹介していきます。と同時にワインも紹介していこうという記事です。
おつまみは既製品から自分でつくるものまで。ワインはデイリーワインを国を問わずにご紹介していきます。




今回は酒盗クリームチーズ

酒盗はカツオの内臓で作られる塩辛で、塩っけと旨味がなんとも言えない。
この酒盗とクリームチーズの相性はバッチリ。酒盗クリームチーズは居酒屋さんでもたまにメニューに載っている。
作り方はとっても簡単。クリームチーズの上に酒盗を乗せるだけ。酒盗は1瓶500円前後で売られている。

クリームチーズもスーパーに行けばどこでも手に入る。私のおすすめはkiriのクリームチーズ。
なめらかで小分けになっているので使いたい分だけ使うことができる。

そして何より味わいがとてもクリーミーで酒盗によく合う。
酒盗というと日本酒の方が合うのではないかと思われた方も多いのではないだろうか。
そう、酒盗だけをつまみにするのであれば、日本酒が間違いなく合うだろう。
そこに、クリームチーズを合わせることで酒盗の塩っけと旨味をクリームチーズが見事にまとめ上げるのだ。

今回のワインはチリ・ マウレヴァレーのメロザル レゼルバ カベルネソーヴィニヨン

このワイン、飲んだ瞬間ビックリ。うまい。非常に良くできている。
カベルネソーヴィニヨンの青臭さがなく、カシスやプラム、チョコレートのようなニュアンスがあり
タンニンも丸く飲んでいても飲み疲れしないワイン。

カベルネ・ソーヴィニヨンの青臭さというのは、まだ熟していない未熟な果実から造ると
ピーマンのような青臭さがでる。これはメトキシピラジンという物質によるものだ。
また、カベルネ・ソーヴィニヨンは果汁に対する種の重量比が他の品種より大きく醸造時に醸しを長く行うため、
力強いタンニンが抽出され、若いワインは舌がザラザラするような収斂生を伴うが、

このワインは開けた瞬間美味しく飲める。とてもコストパフォーマンスの高いワインだ。
インターネットでも1100円ほどで売られている。

私もブラインド(銘柄や価格を伏せて)で飲んだが、品種はカベルネソーヴィニヨンかなと思ったが、
まさかチリワインで価格が1000円台とは思わなかった。2500円くらいの味わいが楽しめる。
本当は内緒にしておきたいのだが、是非一度、ご賞味いただきたい。

 - おつまみ&レシピ , , ,