白ワイン用ぶどう品種

      2017/11/02

シャルドネ

世界で最も人気のあるぶどう品種と言っても過言ではありません。

フランス中部ブルゴーニュ地方のぶどうですが、万人受けする風味と栽培のしやすさもあり、世界中で栽培されています。

風味にこれといった特徴がないのですが、土地により味わいや醸造方法が様々で、シャブリはキリっとした味わいが特長的ですが、樽での熟成にもよく馴染み、樽熟成されたシャルドネはコクがあります。

軽いものから重厚なものまで様々なスタイルのワインが造られるのが特長です。




ソーヴィニヨン・ブラン

フランス南西部ボルドー地方のぶどうですが、ニュージーランドやフランスのロワール地方でも世界的に知られているソーヴィニヨン・ブランの有名な産地です。

酸味がやや強めでさっぱりした味わいをしており、香りは比較的華やかな香りがします。

青草のようなグリーン系の香りやグレープフルーツのような柑橘系の香り、トロピカルフルーツのような香りのするものまであります。

割と軽やかなタイプのものが一般的ですが、ボルドー地方では樽熟成を経た重厚なタイプも作られています。

イタリアでも変化球でソーヴィニヨン・ブランを樽熟成させたものも出てきています。

リースリング

シャルドネと並ぶ高貴な白ぶどうの一つで、優雅さ、繊細さがあり高級ワインも作られています。

ドイツが主な産地ですが、フランス北部のアルザス地方やオーストラリア、ニュージーランドやチリなど世界中で栽培されている人気品種です。

若いうちのリースリングは白い花の香りが特長的で、熟成するにつれて石油を思わせるオイリーな独特の香りを放ちます。

味わいは、非常に強くシャープな酸味があります。

ゲヴェルツトラミネール

フランス北部のアルザス地方やドイツで主に栽培されている品種ですが、ニュージーランドや南アフリカやチリなど世界中で栽培されており、大変人気のあるぶどう品種で香りや味わいともに個性が強いことで知られています。

寒冷地での栽培が盛んですが、その割に熟度が高く、比較的アルコールやボディも強いのが特長的です。

酸は中庸から控えめなワインとなり、香りはとても強く特長的で、ライチやバラのような香りがします。

スパイシーと表現されることもあります。

セミヨン

フランス南西部ボルドー地方のぶどうですが、オーストラリアや南アフリカなどでも栽培されています。

フランス・ボルドー地方ではソーヴィニヨン・ブランとブレンドされることの多いぶどう品種です。

香りは比較的地味ですが、味わいにコクがあり辛口白ワインだけでなく、濃厚な甘さをもった貴腐ワインもこのぶどうから造られています。

シュナン・ブラン

フランス北部ロワール地方で広く栽培されている品種ですが、近年、南アフリカのシュナン・ブランも世界的に評価されています。

辛口白ワイン、中甘口白ワイン、極甘口やスパークリングワインと幅広いスタイルのワインが造られます。

高品質のワインには湿った藁や蜂蜜の香りが感じられます。酸が非常に強く、味わいは割とリースリングに近いと言われています。

ヴィオニエ

フランス南部コート・デュ・ローヌ地方で栽培される品種です。

白い花や白桃、オレンジといった香りを強く放つアロマティックなぶどう品種で、果実味が豊かでアルコールも高く、酸は控えめなのが特長です。若いうちに飲むワインで、あまり熟成には向きません。

ミュスカデ

ブルゴーニュ地方原産の品種ですが、現在はロワール地方の大西洋沿岸地域が有名な産地になっています。

やや強めの酸と、さっぱりした軽い風味が特長です。

 - ワインの雑学 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,